レーザー方式で脱毛するメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛方式の1つとして、レーザーの光を利用するものがあります。

比較的狭い範囲の脱毛をする時に使用されるものとなっていて、使用するショットの力が強いものではありますが、一瞬に使用する電力が少ないことから、チャージ時間が短く繰り返しが容易になっている方法ですね。

ポイント

  1. エステで使用するレーザーについて
  2. クリニックで使用するレーザーについて
  3. 家庭用脱毛器を使用していくと

エステで使用するレーザーについて

エステで使用するレーザーは専門のマシンを利用して行っていきます。

この使用方法については、エステティシャンが研修を受けて行うものではありますが、実はエステティシャン自身の経験などによって、効果が左右されるものでもあります。

したがって、エステでレーザー脱毛をしようと思ったら、出来るだけ実績のあるサロンを選んだ方が良いでしょう。照射の出力は強く効果的ですので、これはメリットですが、施術社によって効果がマチマチなのは、、デメリットかも知れません。

クリニックで使用するレーザーについて

クリニックで使用するものも大学などの研究機関と提携して研究開発されたものを使用しているケースもありますから、専門のレーザー脱毛を受けることが出来ます。出力に関しては、エステよりも多少強いかも知れないですね。

これは、医師が医療行為としての脱毛を行うものなので、出力が高くても安全性が確保されていると言うことになります。万が一の場合にも、迅速な治療行為を行えるのもクリニックのメリットですね。

デメリットとしては、その価格帯にあるでしょう。やはり、医療行為でもありますし、専門の医師にかかりますので、脱毛の費用は多めに見積もっておいた方が良いですよ。

クリニックによっては、担当制度を用いて、仕上がりのバラツキがないようにしています。

家庭用脱毛器を使用していくと

家庭用脱毛器にも、レーザーを使用して脱毛をする方法があります。

代表的なものとして有名なのは、日本製の製品ではないのですが、保証期間もありますし、取扱説明書の熟読をして正しく使用する分には問題ないでしょう。感覚的な使用は行わないで、使い方を理解しなくてはいけませんね。

カートリッジなどの交換部品がありますが、本体価格も、それほど高くはないですし、手軽に家で出来るのが良いところです。出力に関しては、一般の方が使用するものなので、かなり抑えていますね。

しかし、脱毛の効果がないと言うことではありませんので、エステやクリニックに通うのに不都合があれば、効果的な活用もしていけるでしょう。段々、クオリティも高くなっているので、仕上がりも良いものとなっています。

多少、カートリッジの交換には費用がかかると思った方が良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

関連情報

このページの先頭へ